家庭用キャビテーションと医療用キャビテーションの違い

女性なら誰でもメリハリのある魅力的なボディラインに憧れるものです。理想的なボディを目指してダイエットを頑張っている人も多いと思いますが、食事制限や運動などの自己流のダイエットでは痩せたい部分だけを細くすることはできません。ウエストは細くしたいけれどバストのボリュームは減らしたくないという人にはキャビテーションという痩身方法がおすすめです。
キャビテーションは気になる部分に超音波を当てることで脂肪を溶かして痩身する部分痩身技術です。エステサロンや美容クリニックで受けることができますが、最近では自宅で手軽に施術ができる家庭用のキャビテーション機器も販売されています。
家庭用のキャビテーション機器とプロが扱う医療用のものにはいくつか違いがあります。まずあげられるのが出力です。家庭用のものと比べて医療用のものはより大きな出力のマシンとなっているのでそれだけパワーがあります。また、超音波の種類にも違いがあり、マシンとしての性能は家庭用のものよりも医療用のもののほうが断然上だと言うことができます。
しかし、医療用のキャビテーション機器は医療機関でしか取り扱うことができないので、クリニックでしか施術を受けることができません。費用もそれなりにかかるうえ、何度も通う必要があります。家庭用のキャビテーション機器を使えば、大幅にコストを抑えることができ、自分の好きなタイミングで施術を受けることができるというメリットがあります。医療用は効果が高い半面、手軽さという面ではマイナスとなる部分があります。どちらにもメリットデメリットがあるので、自分が何を優先するかによって使い分けると良いでしょう。
キャビテーションエステおすすめ人気ランキング|おすすめはズバリこのサロン!はこちら

Comments are closed.